渋谷「汁べえ」食べてみた

渋谷 汁べえ

スポンサー広告



今日は渋谷にある汁べえという居酒屋に行ってきました。
口コミを書きます。

こちら汁べえには15年前に出会い、それ以来ずっと通っているお気に入りの店です。
今回はグループでの会食でわたしが汁べえを手配しました。
大人数で来たため、落ち着いて撮影ができず、写真点数が少ないですがご容赦ください。

まず汁べえで特徴的なことは、

・店舗の場所が猛烈にわかりづらい
・店舗への道順が猛烈にわかりづらい

初めてくる方にはこの二つが相当印象的なはずです。
写真が無いので文章で説明すると、タワーレコードを超えてABCマートの目の前まで歩きます。
ABCマートの隣に、「ダイネス壱番館」というビルがあります。
目印は半地下にセブンイレブンがあり、半2階に古着屋の「サンタモニカ」があるのが目印です。
そのビル通路を突き抜けて、一度ビルの外に出ます。
ビルの外に出ると山手線が目の前を往来する線路際の屋外通路にが現れますので、そこを進むと突き当りに汁べえの入口があります。

入口も間口が狭くて、しゃがまないと入れない。
そんな隠れ家を演出された変わった店舗なのです。

店に入ると、店員さんたちが大きな声で「いらっしゃいませー!」と威勢よく迎えてくれます。
こちらの店員さんも特徴的で、何というか、客に対して馴れ馴れしいというか横柄というか、よく言えばフランク、悪く言えばずさんな応対をします。
これは15年前からずっとそうなので、おそらく店の文化なのでしょうね。

今回は厨房目の前のカウンター席に案内されました。
それからこの店は気が利かないという特徴もあります。
カウンター席なのですが、お隣さんとの距離が極端に近いのです。
今回は、着席しようとしたら、既に両隣にお客さんが来てました。
その間に入るわけですが、われわれが座ったら、全員身体が当たってしまう近さなのです。
座ってたら隣の人に当たっちゃうんですよ?
すごく嫌ですよね。
でもここはそういう店なんです。
変に職人気質というか、言うならば「文句があるなら出ていけ!」という台詞が似合う店。
カウンター席はこんな感じです。
渋谷 汁べえ
こちらにメニューブックがあります。
紙封筒に入っているのは地酒のメニューです。

料理を選んでいたら、目の前の厨房から板前が「今日のお造りです。白子ポン酢おすすめ。早い者勝ちね」と、ぶっきらぼうな物言いでいってきました。
渋谷 汁べえ
これもこの店の特徴なのですが、どの店員も基本的に馴れ馴れしい無礼路線なのですが、それに輪をかけてこのようなぶっきらぼうの無礼キャラが数人存在します。
今回は嫌な予感がしますね。
ぶっきらぼう板前の目の前か。。。

注文を聞かれる前後に、お通しが出てきます。
こちらのお通しは15年間ずっとこれです。
渋谷 汁べえ
揚げた春巻きの皮みたいなのが乗っかったサラダです。
まあまあ美味しく評判で、このサラダが好きだというお客さんも多いです。

今日は一杯目はビールな気分です。
生ビールを注文しましょう。
渋谷 汁べえ
15年前には非常にびっくりしたのですが、なんとここの生ビールは「エビスビール」なんです。
最近でこそ、生ビールにエビスを出す店は珍しくなくなりましたが、15年前はびっくりしました。
生ビールのエビスを出す店がありませんでしたからね。
しかも値段も、普通の生ビールとほとんど同じなのです。
これには大変得した気分になれます。

お料理はまず「おまかせ3点盛り」をオーダーしました。
2人前から受け付けてくれます。
これまたこの店の特徴なのですが、オーダーするととにかく料理が出てくるのがとても早い!
すぐ作って出してくれます。
お造りはこれです。
渋谷 汁べえ
あれ?
おかしい?
わかりますか?
3点盛りなのに5品あります(笑)

そう。
これもこの店の面白いところです。
3点盛りって言っといて多めの5品出してくれるのです。
もちろんお値段は据え置き。
追加料金なしです。
面白い演出ですよね。

味はまあまあの鮮度の刺身です。
今回のネタは、写真左からサーモン、ホタテ、カツオ、マグロ赤身、アジ。

わたしは青魚の生食は苦手です。
どんなに鮮度が良くても生臭さを感じるからです。
ところが大変にびっくりしました。
料亭での食事の経験も豊富な私が食べても、汁べえのアジの刺身は結構美味しいのです。
まず生臭さが全く感じられません。
きっとしっかり真水で洗っているのでしょうね。
これは技ありですね。

次は汁べえ名物「炙りしめサバ」です。
これも15年前からの人気看板メニューです。
渋谷 汁べえ
これも大変にびっくりするのですが、目の前で炙られます。
そしてひととおり火が通ると、そこにレモンを絞ります。
渋谷 汁べえ
これもお客さんが自分で絞ります。
あ。
バーナーで炙るのは店員さんがやってくれます。
渋谷 汁べえ
見てください。
表面は丸焦げです。
でもこれが旨い!
ただ、15年前に比べると値段が上がったうえに量は減りました。
これはこの店に限ったことではありませんが、原材料高騰と消費税増税は、経済活動に非常に悪い影響を及ぼしています。

次にオーダーした料理はこちらです。
渋谷 汁べえ
エビチリです。
中型サイズの結構ぶっといエビです。
揚げたてが食べれます。
当然ですが、出来立てはめちゃくちゃ熱いですから要注意です。
一気に頬張りすぎて、口のなかを軽く火傷してしまいました(笑)

そして味の方ですが、結構辛いです。
辛い物好きにはお好みの一品になるでしょうね。
しかもただ辛いだけではなく、旨味というか深みというか、チリソースの味がしっかりしています。

先にも言った通り、結構な辛さです。
その辛さをマイルドにするために、なんと半熟卵が添えられています。
ディップ代わりにつけて食べます。
半熟卵ディップを付けて食べると、これまた別物の料理のような風味に変わります。
なかなか面白い料理ですね。

今回は飲みや料理よりも会話に夢中になっており、注文はあまり進んでいなかったところに、目の前のぶっきらぼう板前から「ラストオーダー」って、これまたつっけんどんにいい放たれました。
これもこの店の特徴で、席は2時間制。
そして時間が来たら容赦なく退店させられます。
ラストオーダーは無いと伝えると、ぶっきらぼう板前がさっさとお会計を急かしてきました。
締めのスープもさっさと出してきたし。
渋谷 汁べえ
汁べえで食べたいものは全部食べれたし、まぁいいかって感じで店を出ました。

出てから気付いたのですが、まだ1時間40分しか経ってなかったのでした。
ちくしょう、あの板前め。
さっさと追い出しやがって。
でもまあよくも悪くもそんな店なんです。
汁べえって。

ハイブランドの高級ホテルに慣れてる人には向かないです。
店員の態度に腹が立つはずですから。

店員の態度なんて気にしません。
美味しければいいですって人には最適。
汁べえ。
味はいいですよ。

スポンサー広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください