京都北白川 ラーメン 魁力屋 市が尾店で食べてみた

魁力屋

スポンサー広告



今日は昼食を「京都北白川 ラーメン 魁力屋 市が尾店」で食べましたので口コミレポートを書きます。

ラーメンとはまったく関係ありませんが、魁力屋 市が尾店には、とても素晴らしい特徴があります。

それは駐車場です。

店舗前に駐車場があるのと、裏手にとても広いコインパーキングがあり、そこも60分無料で使わせてもらえます。
グルメネタではありませんが、実はこれ、とても重要です。
路上駐車しないと食べられないラーメン屋などでは、通行の迷惑になるし、クレームが入って警察に違反切符を切られる危険もあります。
まずありがたいのが、この駐車場です。
しかもとても広いので、中型トラックでもらくらく停めることができるくらいの広さです。
そういう意味でも、運送業の方にもお勧めできます。

店舗の外観はこちらです。
魁力屋
写真には写っていませんが、この左手に大きなコインパーキングがあります。

さてでは入店しましょう。
今日は昼過ぎの14時ごろに来ました。
いつもは行列のできる人気店ですが、さすがにこの時間は空いていてすぐに着席できてよかったです。

席はカウンター席とテーブル席と座敷。
今日は二名で来店しましたが、空いているからということで6人掛けできる広いテーブルに案内してもらえました。

メニューはこちら。
一部を撮影しました。
魁力屋
上が1ページ目のメニューです。
魁力屋市が尾店は、味玉ラーメンがお勧めなのでしょうね。
並盛で750円(税抜き)です。

そしてラーメンメニューの下に、定食メニューがあります。
2017年11月13日現在は、3種類みたいですね。
焼きめし定食(230円)、餃子定食(230円)、唐揚げ定食(270円)
しかもよく見てください。
「ごはん大盛り無料」と書かれてあります。
気前いいですね!

これは次のページ。
魁力屋
これがオーソドックスなレギュラーメニューです。
特製醤油ラーメンが基本メニューですね。
値段は並盛で650円です。

ではオーダーしましょう。
オーダーの際、お好みも聞かれます。
こちらが案内です。
魁力屋
麺の固さ、背油の量、ねぎ入れ放題?
そうでした。
ねぎはテーブルに既に用意されていて、好きなだけ入れることができます。
魁力屋
今日は特製醤油ラーメンの餃子定食にしてみました。
注文は、麺固め。
ごはんは大盛り無料ですが、とてつもない量が来ます。
わたしでは食べきれないので、普通盛りにしました。

オーダー完了。
料理ができるまで、先行してこれを食べてました。
魁力屋
自家製たくあんです。
味は正統派なたくあんの味。
普通っぽいのですが、妙に美味しいです。

注文して4分ほどで料理が出てきます。
魁力屋
まずはごはんから出してくれます。
見てください。
これ。
普通盛りでこの量なんですよ!

こちらがラーメンです。
今日は特製醤油ラーメン。
魁力屋魁力屋
一見すると背油がびっしりですね!
背油の合間から透明度を感じる醤油スープが見えますね。

これにさらにねぎを追加投入します。
魁力屋
たくさん入れてみました。
美味しそうです!

餃子も出来上がりました。
魁力屋
皮はもっちりした口あたりなのですが、焼き具合もしっかりしています。
もちもち、時々カリッとしている感じです。
中のタネも肉汁ジューシーでとても美味しいです。
食べやすい餃子です。
5個もあります。

肝心のラーメンは、背油の見てくれとは裏腹に、非常にあっさりした味です。
背油は全然しつこくありません。
食べやすいです。

麺は細麺。

入れ放題のねぎとも相性最高。
素晴らしいです。

チャーシューもあります。
薄切りです。
ですが柔らかすぎず固すぎずの絶妙の口あたりです。
味もしつこすぎず、ラーメンを引き立たせます。
上手ですね。

魁力屋のラーメンで、影の実力者が「メンマ」です。
派手さはありませんが、ここのメンマは非常に美味しいと思います。
やはりこちらもラーメンを引き立たせます。
ラーメンだけでなく、スープの旨味も引き立たせる力を持っていますね。

量といい、味といい、魁力屋のラーメンは食べる者を喜びに導きますね。
すごいです。
ぜひ食べてみてください。

スポンサー広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください