ポジリポ エ ナプレ 横浜高島屋店はデパートクオリティの素晴らしいイタリアンレストランです

ポジリポ エ ナプレ 横浜高島屋店

スポンサー広告



ブログに対するわだかまりが解消されたので、再び始動しました。
今日はグルメネタについて書きます。

リゾートトラベルライターをしていろいろな宿に泊まり歩いてきましたが、出されるお食事には傾向があります。
ほとんどがフレンチのフルコースか、日本料理の懐石料理か会席料理です。

ですから旅行の時以外は、こういったお料理以外が食べたくなるものです。
今回は所用で横浜に行ってきました。
久しぶりにイタリアンを食べてきたので、それの口コミレポートを書きます。

イタリア料理にはなじみが少なく、一般的なこともあまり知りません。
ちょっと調べてみました。
高級路線が「リストランテ」、大衆路線が「トラットリア」と呼ばれるようです。

入ったお店は「ポジリポ エ ナプレ 横浜高島屋店」というところです。
しっかりした品質のイタリアンが食べたいと思い、なおかつ予約なしでも入れそうなところといえば、デパートのレストランと考え、ここにしました。
ポジリポ エ ナプレ 横浜高島屋店
店内の写真や外観も撮影したかったのですが、休日で大変に人が込み合っていたので、残念ながら断念。

店内は円形でラウンドしたフロアです。
白基調の爽やかなイメージのお店で、確かにイタリアの雰囲気がふんだんに出ています。

案内されたのは店内奥の方の二人掛けのテーブル席です。
ポジリポ エ ナプレ 横浜高島屋店
お冷はボトルに入れてテーブルにおいてくれます。
ポジリポ エ ナプレ 横浜高島屋店
テーブルは小さめで、それほど多くお皿を並べることはできません。

お隣さんとの距離は近くて、約1メートルくらいです。
会話が聞こえちゃうくらいの距離なので、込み入った話は出来ないですね。

もうちょっとフォーマルなレストランを期待していましたが、結構カジュアル路線ですね。
服装もそれなりに整えてきましたが、これならTシャツと短パンとサンダルでよかったなあ。
暑かったし。
そんな印象です。

ではオーダーにまいりましょう。
イタリアンと言えば、ピッツァとパスタ。
両方食べたいので、両方がいただけるコースメニューにします。
なんでも週末限定のお得なランチコースがあるとのこと。
そのなもズバリ「週末限定ランチ」。
ど真ん中ストレートなネーミングですね。
それにしましょう。

週末限定ランチのCセットです。

正確に言うと、ピッツァとパスタを両方食べることができるコースメニューはありません。
Cセットの内容はこのようになっています。

前菜盛り合わせ+お好きなパスタorお好きなピッツァ+メイン料理+デザートandエスプレッソ

今回は連れも居たので、パスタコースとピッツァコースをそれぞれ注文しました。

前菜に合わせてお酒を飲みたい気分になり、グラスのスパークリングワインを注文。
ポジリポ エ ナプレ 横浜高島屋店
銘柄は記載ないです。
お値段は税抜きで一杯750円。
宿で飲むより安いですね。
開封したての新鮮なものを出してもらえたのはラッキーでした。

ではいただきます!
うん、美味しいですね。
ブドウの風味が爽やかに感じられて、なおかつ糖分的な甘さは少なめ。
わたしが非常に好きな味です。
しかも開封したてなので、炭酸もしっかり効いていていいですね。
冷やし具合もよく冷えていて大変良いです。

銘柄は調べませんでしたが、飲んだ印象では一本につき市場価格で1200円くらいのスパークリングワインだと思います。
非常に美味しいですね。
いい品揃えですね。
さすがデパートで開業しているだけあります。

では前菜もいただきましょう。
ポジリポ エ ナプレ 横浜高島屋店
一口二口サイズのお料理が6点盛り合わせてあります。
ポジリポ エ ナプレ 横浜高島屋店
内容はこのようになっています。
サラミハム、生ハム、ラタトゥイユ、ズッキーニのソテー、タラのブルスケッタ、鯵のマリネ。

サラミハムと生ハムは、おそらく既製品でしょうが、結構いい味してます。
ちょっとしょっぱめでお酒が進んじゃいますね。
素晴らしい。

ズッキーニのソテーはありーぶオイルと塩だけで味付けされているようです。
これも食べやすくて美味しいですね。
あっさりした爽やかなお味です。

ラタトゥイユも味付けが上手ですね。
わたしはラタトゥイユは好きじゃないのですが、これは食べやすい。
いやむしろ美味しい。
まずは温度ですかね?
冷たすぎないので食べやすいというか。
それから味付け。
味がしっかりついているというかダシが効いているような感じ。
水っぽいやつが多いんですよね。
ここのは味がしっかりしていていいですね。

タラのブルスケッタも美味しいです。
魚の臭みは一切感じられず、旨味だけが感じられます。
ここ、料理上手ですね。
すごい。

そして大変驚いたのが、鯵のマリネ。
これもとても美味しい。
こちらもまた魚の臭みがほとんどない。
でも鯵本来の旨味はしっかり出てる。
ビネガーでの締め方もバッチリ。
酸っぱ過ぎず、薄すぎず。
塩加減もバッチリ。
スパークリングワインとも非常によく合います。

前菜、いいですね。
全部美味しいです。
さすがはデパートクオリティ。
気軽に入れるけれど抜かりはない。
そんな印象です。
ポジリポ エ ナプレ 横浜高島屋店
次のお料理はこちら。
ポジリポ エ ナプレ 横浜高島屋店
パスタの部です。

「デパートのレストランで出される料理には間違いはない」と妄信しているところがあり、オーダーの際にもいままで食べたことが無いものにチャレンジしようとこれをチョイス。

「リガトーニ」という短いけどぶっとくてペンネみたいに筒状のやつを頼んでみました。
ちゃんと手抜きしないでメニューも撮影しとけばよかった。。。
正確な名称、忘れたわ。
確か「アマトリチャーナ」とかいう特別なソースだった気がします。
ではいただきましょう。
ポジリポ エ ナプレ 横浜高島屋店
おぉ!
とても美味しい。
コクのあるミートソースって感じ。
そして、これは豚肉かなあ?
俗にいう「角煮」みたいなのが入ってる。
それもトロトロでとても口当たりが良いです。

パスタの口当たりもいい!
とても美味しいです。

手抜きしないでちゃんと調べておけばよかった。。。
悔やまれる!!

まあ仕方ない。
気を取り直して次のお料理をいただきましょう。
次はピッツァです。
今回注文したのはこちらです。
ポジリポ エ ナプレ 横浜高島屋店
これまた名前忘れたー(>_<) 悔やまれる。。。 アンチョビとチーズのピッツァです。 ポジリポ エ ナプレ 横浜高島屋店
これも美味しいですね。
アンチョビもいい塩加減。
生臭くないし。
ポジリポ エ ナプレ 横浜高島屋店
味はアンチョビの塩味が主体で、シンプルだけど妙に美味しい。

そうそう。
ここのピッツァはお店の中央にある釜で直火焼きなんですよ。
ポジリポ エ ナプレ 横浜高島屋店 ポジリポ エ ナプレ 横浜高島屋店
ほらねー。
すごいでしょ?
手作り焼きたてなんですよ。

生地もフワフワあつあつで美味しいです。

次はメイン料理です。
魚料理と肉料理から選びます。
今回は両方頼んでみました。

メイン料理の前にナイフがチェンジされました。
ポジリポ エ ナプレ 横浜高島屋店
より切れ味の鋭いナイフです。

先に魚料理がやって来ました。
ポジリポ エ ナプレ 横浜高島屋店
これは名前覚えてますw
「カジキマグロのグリル」です。

カジキマグロの隣に添えられているのはホタテです。
魚料理の下に敷かれてあるのはクスクスです。

ではいただきましょう。
むむ!
火加減最高。
ちゃんと火が通っているのに柔らかくほどける!

味もバッチリ。
シンプルな塩味がベース。

シンプルなんだけどコクがある。
これはたぶんカジキマグロ本来の旨味だ。
いい素材を使ってる証拠ですね。

いいですねー。

もう一つの肉料理。
ポジリポ エ ナプレ 横浜高島屋店
「豚肉のグリル・バジルソース添え」です。

ナイフを入れてみましたが、スッと入ります。
柔らかくてしっかり焼かれているのがよくわかります。

味も良いです。
こちらも塩味がベースになっていて、バジルソースが風味に深みを与えます。

最後にデザートとエスプレッソをいただいて終了。
ポジリポ エ ナプレ 横浜高島屋店 ポジリポ エ ナプレ 横浜高島屋店
どれも美味しかったです。

ポジリポ エ ナプレ 横浜高島屋店、デパートクオリティにふさわしいいいところですね。

スポンサー広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください