「何かをやり通す」ことができる方法

スポンサー広告



ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、ここ最近、ブログを更新できないでいました。

原因は毎日更新しなければならないというプレッシャーに自分でつぶされてしまったからです。

まあ、せっかくブログを始めたんだからPVもたくさん稼ぎたい。
そんなスケベ根性がわいてしまい、いろいろなノウハウ本に手を出したわけです。
ちなみにその本にはこのように書かれていました。

・毎日更新すること
・つまらない記事でもいいからとにかく量産すること

一見すると簡単に出来そうですよね?
ところが、わたくし「殿ちゃん」には簡単に出来なかったという結論なのです。

どうしてこんな簡単なことがわたしには出来なかったのか?
自分でも不思議に思い、改めて分析してみました。
分析というか振り返ってみただけだけどねw
そうしてわかったのがこれでした。

・つまらない記事を書くことができない→文字通り「つまらない」からやる気にならない
・書きたい内容が無いと書きたくない
・内容的にも充実した記事でないと書きたいと思えない

わたしは結局、こういう性格なのでした。
つまりノウハウ本から学んだ先ほどのやり方は、わたくし「殿ちゃん」には適合していなかったということなんです。

そこでいろいろと振り返って考えてみたら、ある結論に至りました。
とってもシンプルです。
幼児や幼稚園児でも分かることでした。
その至った結論とはこれです。

「自分自身に合ったやり方でしか継続することはできない」

です。

あるノウハウ本は「ひとつの記事につき2000文字以上の記事を書け」と書いてありました。

はたまたほかのノウハウ本では「文字数は気にするな。とにかく毎日記事を書け」と書いてありました。

最初は言われた通りやっていました。
しかしだんだん言われた通りに続けることが苦しくなってきたのです。
その結果、このとおりなかなかブログを書けなくなるという状態に陥ってしまったのです。

確かに「PVを上げる」という目的のためにはノウハウ本に書かれている教えが正しいのでしょう。
でも一番大事なことって、「ブログを続けることそのもの」だと思うのです。
これが本質ではないでしょうか?
本質を見失うと、わけのわからない方向に進んでしまうんですね。

では今回のブログのことでの本質って何でしょう?
それは

「ブログを続けること」

ですね。

そうなると続けられるためのやり方って、十人十色なんです。
そういう結論に至りました。
それをまとめるとこうなります。

1.最初はノウハウ本のやり方を試してみる
2.いろいろやってみて最も自分に合うやり方を見つける
3.そうやって自分独自の「続けることができる」やり方で粛々と継続する

こういうのって、「守破離」っていうのでしょうかね?
いずれにせよ今回の体験で学んだことは、何かを続ける方法は十人十色であるということでした。

なにかの参考になれば幸いです。

スポンサー広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください