このままでは日本が滅んでしまう

スポンサー広告



先日、改めてアルバイト先からもらった社会保険料決定通知を見て思いました。
この徴収されている保険料の使い道は、多くが「働いていない老人」に使われています。

結論から言うと、今の日本が生活がしにくい社会になったのは、消費だけを繰り返す働かない老人が人口の大部分を占めるようになったからです。
こういうロジックです。

老人が増える>生産しない人口が増える>生産は増えないのに消費だけはどんどん増える>最終的には消費が生産を上回り赤字になる>破綻

言わば貯金は増えなくなったのに、その貯金をどんどん消費しているだけという状態です。

困ったことに、生産しない消費だけの老人が増え続けるだけでなく、生産を担う子供が減っていることもダブルパンチの被害です。
こういうロジックです。

子供が増えない>生産人口が増えない>老人の消費に生産が追い付かない>最終的には消費が生産を上回り赤字になる>破綻

これはつまり、日本という民族国家が消滅するということです。
このままでは日本人という種族が絶滅してしまいます。
なんとかしないといけませんね。

スポンサー広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください