毎日セレブのような食事をする人は本物のセレブからバカにされてる

スポンサー広告



長らく旅に出て上等な宿で上等なお食事をいただいていても、それはそれで結構疲れる。
感動したり感激したり緊張したりするから。

久し振りに自宅に居て、久し振りに一汁一菜を食べた。
ごはんと味噌汁とお新香。
むちゃくちゃ心が落ち着く。
心が地に足が着いた感じ。
本来の自分に戻れたというかそういう感覚。

毎日浮かれた生活をしていると、薄っぺらい浮ついた人生に堕ちますね。
高級宿や高級料理は、たまに体験するからこそ、その真価がわかる。
高級宿や高級料理を常用していると、感動と感謝の感度が落ちる。

高級宿や高級料理に慣れ過ぎている人は、はっきり言ってダサい。
江戸時代の金持ち商売人「旦那衆」は裕福で粋な人々ですが、高級料亭で毎日贅沢している人を「ダサい」と見下げておりました。
ハレとケの使い分けが出来ない人のことをバカにしてたんです。

ハレとケを使い分けられる生き方でありたいものです。

ちなみに記事トップの御料理は、ザ・ひらまつホテル&リゾート宜野湾沖縄のディナーですw
浮かれとるやんw

スポンサー広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください