英語化は日本を破壊する。

スポンサー広告



幼少期から英語を勉強してはいけません。
基礎になる頭ができないからです。

発音だけは流暢だけど、中身が無いどうしようもない人間に育ってしまいます。

馬渕睦夫先生、施光恒先生、林修一先生、日下公人先生など多くの知識人はそういっています。

英語化はグローバル企業に身売りすることと同義です。
グローバル企業に都合のいい人材になって、酷使されて旨味が無くなったら捨てられるだけです。
使い捨てられる人生。
そういう人生を歩みます。

そしてそういう人たちが、いい大学を占め、いい企業や政治家や上級公務員になってしまうような未来が見えてしまいます。
そこそこ英語はしゃべれるけれど、日本的常識や日本的感覚を持ち合わせていないような人がエリートになってしまう可能性が高いのです。

その時にはもう、日本は日本でなくなっています。
そんなことをしては絶対にいけません。

教育効果から見ても、学習者の言語と学習対象の言語(つまりここでは英語)の両方を知っている方が良いという見解を示しています。

本来、英語を堪能にする目的はバイリンガルになることであったはずです。
バイリンガルとは、正式には「プロフィシェント・バイリンガル」といいます。
「卓越した二言語話者」という意味です。

ですが、幼少期からの英語化では、バイリンガルは育ちません。
逆が生まれます。
それを「セミリンガル」と言われています。
セミリンガルとは、「日本語も英語も、会話力までしか伸びない人」という意味です。
つまり「どっちつかず」の中途半端な人間になるだけです。

スポンサー広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください