「幸せになるためには条件はいらない」という情報を募集してます。

スポンサー広告



いままでは、幸せは何かを達成しなければ手に入らないと思っていました。
例えばわたしは、このように思っていました。

勉強で高い成績を取らなければならない。
偏差値の高い有名な高校に入学しなければならない。
偏差値の高い有名大学に入らなければならない。
可愛い彼女が居なければならない。
大企業に就職しなければならない。
出世してのし上がらなければならない。
30歳までに結婚しなければならない。
大きなマイホームを買わなければならない。
マイカーは高級車でなければならない。
脱サラして成功しなければならない。
お金をたくさん儲けなければならない。
毎日のように豪華な料理を食べてれるようにならなければならない。
高級なお酒を飲まなければならない。

などなど。

一生懸命に努力してそれらの多くを手に入れてきましたが、実際のところ、あんまり幸せと関係ないような気がしてきたのです。
それどころか、以前より苦しくなった気がします。

何というのか、「それを手に入れなければ幸せを感じられない」というか。
つまり成功したときとかうまくいったときとか手に入った時にしか幸せを感じられないのです。
その瞬間だけしか幸せでいられないのです。

だから高級宿で過ごして高級なお料理とお酒を楽しんでチェックアウトした後は、なんと一気に不満を感じるようになってしまいました。
そしてそれが毎日ずっと続いちゃうんです。

なんかおかしいですよね?

そしてよくよく考えてみたのです。
なんでこんなにいい思いをさせてもらえているのに幸せじゃ何だろうって。
そしたらなんとなくですが、その原因が見えてきたような気がしました。
ふたつ原因があるような気がしました。

1.幸せになるために条件を付け過ぎている

2.幸せになるための条件が高すぎる

さっきのわたしの幸せになるための条件を見ましたか?
ざっと数えただけでも13個も条件がありますよ。

これを全部クリアしないと幸せになれない???
なんか変ですよね??
そこでよくよく考えてみてたどり着いた答えがこれです。

・幸せを感じるのは心の問題なので、別に物理的な条件はいらないじゃん

これです。
つまり、

「たくさんのお金を儲けたら幸せになれる」

って考えていたところを、

「別にお金の有る無し関係なく、いま幸せな気持ちになっちゃえばいいじゃん」

っていう感じに変えたのです。
そしたらなんか、日常生活にいい変化が現れた気がするんですよね?

「なんか、このままでもいいや~」

って。
今までは幸せになるために、目標というか先ほどの条件を是が非でも成し遂げなければならないっていう強迫観念が付きまとい、日常的にもなぜか勝手に一人で息苦しく生きてきてしまった気がするんですよね。

そこでこれを読んでくださっているあなたに聞きたいことがあります。

今日書いたこの内容について何か答えをくれそうな書籍などがあったらぜひ教えてください。
よろしくお願いします。

って感じで、今日はお願い事を記事にしてみました。

スポンサー広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください