これは盲点だった!お得な値段でホテルに泊まる方法。

富士屋ホテル

スポンサー広告



今日は実家でパソコン作業をしている殿ちゃんです。

実家には60歳をとうに過ぎた両親が住んでいます。
隠居した両親がいま楽しみにしているのは旅行です。
もう高齢であり、また怪我と病気を患ってしまったため、歩き回って観光するような旅行はもうできなくなってしまいました。
そんな両親ですが、楽しみにしている旅行のスタイルがホテル滞在型の旅行です。
観光地を巡るというよりは、早めにホテルにチェックインして、ホテルの中でのんびり過ごすという旅行です。
部屋でのんびりして、夕食と晩酌を楽しみ、温泉に浸かって、眠くなったら眠るという過ごし方です。

わたしはいつもネット旅行会社でホテルを手配します。
通常の旅行代理店や旅行会社よりも圧倒的に安くそしてお得な宿泊プランが多いからです。
もうかれこれ20年くらいホテルの予約はインターネットだけでした。

今朝、両親が来月に旅行に一緒に行こうと誘ってくれました。
箱根の富士屋ホテルに行くそうです。
もうすでに申し込む宿泊プランも決めているとのこと。
実家には会員登録している阪急交通社から定期配送されている旅行冊子が送られてきます。
その中から決めたとのこと。

ネット予約が当たり前のわたしにとっては、割高なやり方だなあと侮っていました。

ところが「このプランで行こうと思うんだけどどう?」と見せられたものを見てびっくりしました。

なんとネット旅行会社よりも圧倒的に安かったのです。
しかもこちらの冊子のプランの方が内容も充実しているのです。
百聞は一見にしかず。
まずは見比べていただきましょうか。

こちらが一休ドットコムに載っている富士屋ホテルのプラン。
富士屋ホテル
画像が小さくて読めないかもしれません。

一休だと、一泊ひとり28,136円です。
しかも夕食なしの朝食のみです。

一方、こちらをご覧ください。
富士屋ホテル
富士屋ホテル
こちらも同じ富士屋ホテルです。
まずは値段を見てください。
なんと18,360円です!
さらに宿泊プランの内容をよく見てください。
なんと夕食も朝食も付いています。

一休よりも値段が安いのに、夕食までついています。
すごいですね!

今回の件でわたしは大いに反省しました。
何でもかんでもネット予約が安いわけではありませんね。
ちゃんと多方面から情報収集して一番お得な宿泊プランを入手しましょう。

いやはや大変勉強になりました。

スポンサー広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください