横須賀の「大津家」はラーメン屋なのにチャーハンが本格的に美味しくて驚いた

大津家

スポンサー広告



たびプロを自称しているのに、もはやグルメライターいやラーメンライターに変容している殿ちゃんです。
今回もまた新規のラーメン屋に食べに来てしまいました。
せっかくの体験なので、やっぱり記念に記録をしておかないと。

今回の舞台は、横須賀にある家系ラーメン「大津家」です。
では早速レポートに参りましょう。

こちらがお店の外観です。
大津家
こちらも家系総本山の流れに似ていますね。
赤がトレードカラーです。

店内はカウンターのみのラーメン屋です。
ここのお店も食券制。
入店したらまず食券を買いましょう。

今回は「6・3・1ラーメン」と「半チャーハン」にしました。
ちなみにラーメンは中盛りで麺固めです。

6・3・1ラーメンというのは、海苔が6枚・チャーシューが3枚・味玉が1個の具だくさんスペシャルラーメンです。
お値段は普通盛りで910円。
中盛りは0.5玉増量でプラス100円、大盛りは1玉増量でプラス150円です。

カウンターに座ったら、こんな案内が貼られています。
大津家

着席して食券を渡して4分位。
まずは半チャーハンが出来上がりました。
大津家
見た目はごくごく普通のチャーハンに見えますね。
量はお茶碗一杯分くらいですね。
とりあえず食べてみましょう。
大津家
なんと!
食べてびっくり、とても美味しいです。
街の中華屋さんでピカイチの腕前の人気店の味。
そんな印象です。
ここラーメン屋さんなのに、チャーハンのレベルがとても高い。
これにはたまげました。

味付けは塩とハイミーかな?
しっかりと味と旨味が感じられる素晴らしいチャーハンです。
かなり美味しいです。
しっとりとしている中にも、ぱらぱら具合もある。
玉子もきれいにごはんに絡んでいて、本当に食べやすい。

チャーハンが来てから1分後くらいに今日の主役のラーメンが出来上がりました。
こちらです。
大津家
具だくさんで美味しそうですね。
見た目は完全に家系ラーメンそのものですね。

ではいざ実食。

まずはスープから。
ほお。
家系の中ではさっぱりした口あたりですね。
表現悪くいってしまうと水っぽいかな。
わたしは嫌いじゃないですよ。
味は結構しょっぱいです。
ただちょっとだけ臭みみたいなものを感じました。

脂っぽさは、バランスが良く感じます。
濃すぎず薄すぎず。
脂もさっぱりした感じですね。
食べやすい。

次に麺を食べてみましょう。
ほお。
モッチモチの感じですね。
固めに注文してこのモチモチ感。
これはこれでなかなかいいですね。
噛み応えがあるというか弾力があるからなのか、「麺を食べてる」っていう実感がとても高い。
これは素晴らしいですね。

わたしの好きな食べ方なのですが、麺とスープと具材をれんげに乗せて一緒に食べる。
この食べ方で食べると、これまた結構おいしいです。
大津家
素晴らしいですね。

横須賀の大津家。
おすすめです。
ぜひ食べてみてください。

スポンサー広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください