今日は土用の丑の日ですが、鰻の質が低下しているかもしれません。

スポンサー広告



今日は土曜の丑の日だったことにさっき気づきました。
そこで今夜の夕食は風習に倣って、うな丼にしてみました。

普段はそれほど好んでうなぎを食べません。
それこそ季節感を味わおうと感じた時か、季節の旬の御料理を出してくれる料亭旅館に行った時くらいです。

そういったときにくらいしかうなぎを食べませんが、いつも美味しいなと感じながら食べています。

ところが今日はいつもとは違いました。
うなぎが美味しく感じなかったのです。

???
わたしの味覚がおかしくなったのか?

何だか泥臭いような味がするのです。

気になったので注意して食べてみました。

まずタレ。
タレを味見してみましたが、こちらは問題ありませんでした。
普通に甘辛くて美味しい味がします。

次は鰻だけを食べてみました。

!!!!!
焼き具合は非常に素晴らしいですね。
柔らかくて良い。

ところが問題は風味です。
泥臭い!
鰻の身が泥臭いのです。
静岡県産の結構高価なものです。
にもかかわらず泥臭い。

そういえば思い当たることがありました。
ここ最近に泊まった宿でも、鰻の料理が出ました。
その時も確かに美味しかったですが、少しだけ鰻が泥臭く感じたのです。
しかも鰻が出てきたどこの宿でも。

わたしはリゾートトラベルライターを4年近くやってきましたが、いつも鰻は美味しくいただけてきました。
このように泥臭いと感じたのはおそらく初めてです。

これはひょっとすると、料理の質や料理人の質の問題ではないのかもしれません。
そうではなく、鰻自体が美味しくなくなっているのではないでしょうか?

今宵はそんなことを強く感じる丑の日でした。

スポンサー広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください