「横濱 鶏らーめん 極楽鳥」を食べてみた

鶏らーめん極楽鳥

スポンサー広告



今回は横浜市港北区にある「横濱らーめん 極楽鳥」を食べてきたので口コミレポートを書きます。

入店したのは12時過ぎです。
店は樽町にあります。
店の外観はこんな感じです。
鶏らーめん極楽鳥
では入店しましょう。
店内は5人掛けくらいのカウンター席と、4人掛けのテーブル席がふたつです。
10人くらいで満席になりそうな広さです。
結構狭いです。

メニューはこちら。
鶏らーめん極楽鳥
こちらの店のスタンダードは、こってりラーメンシリーズです。
こってりラーメンにもカテゴリーがあります。
塩ラーメンと醤油ラーメンです。

こってりラーメンが苦手な人向けなのでしょうか?
あっさり中華そばのシリーズもあります。
こちらもカテゴリーがあり、塩ラーメンと醤油ラーメンです。

こってりラーメンもあっさりラーメンも、スタンダードとライトに分かれています。
スタンダードはチャーシューが4枚入っています。
ライトは2枚。

カテゴリー分けされていて面白い店ですね。

今日はここの看板メニューである「こってり塩らーめん」をオーダーしました。
鶏らーめん極楽鳥
ここのラーメンは非常に特徴的です。
まずどこの店よりも独特な特徴は、麺が非常に固めであることです。
結構強い張りのある太麺です。
非常に重要な点なのですが、普通にオーダーすると麺は固めなので、誤って固めにオーダーすると、とんでもなく固くなるので要注意です。

それからもうひとつここの店独特の特徴は、豚肉のチャーシューだけでなく、鶏肉のチャーシューもあることです。
先にチャーシューが4枚あると書きましたが、正確には、豚肉チャーシューが2枚と鶏肉チャーシューが2枚です。
鶏肉チャーシューだけでも相当独特なのに、そもそも普通ラーメンなのにチャーシューが4枚も付いていることも独特ですね。
すごいですね。

さて料理が出来上がったようです。
鶏らーめん極楽鳥
これが極楽鳥のラーメンの全容です。

スープは若干クセを感じるところはありますが、とても美味しいです。
いや正直に言うと、このクセが苦手だという人もいるかもしれません。
わたしの先輩は、実はここのこのクセが苦手です。
なんて言うんでしょうかね?
博多とんこつラーメンで、養豚場みたいな獣臭いところがありますよね。
あれに近い味というか風味が少し感じられます。
それを旨味と感じるか、臭みと感じるかは、かなり個人差が激しく表われます。
わたしは濃い味付けや深いコクの味付けが好きなので、ここのラーメンは好きです。

今日はサイドディッシュにもチャレンジしてみました。
半チャーハンもオーダーしました。
鶏らーめん極楽鳥
チャーハンも本格的な中華屋の味がします。
塩みもしっかり効いています。
鶏らーめん極楽鳥
旨味も深いです。
炒め方も絶妙で、米粒がパラパラしていて素晴らしいです。
量も半炒飯とはいえ、食べごたえありますよ。
結構おなか一杯になりますから注意してくださいね。

先輩は「本日のまかない飯」というサイドディッシュをオーダーしていました。
チャーマヨ丼のミニサイズです。
そっちもかなり旨そうでした。

横濱 鶏らーめん 極楽鳥、美味しいのでおすすめします。
ぜひ試してみてくださいね。

スポンサー広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください