あなたの給与「3.2ヶ月分」ものお金を一年で失います。

高額搾取の社会保険料

スポンサー広告



昨日の投稿を改めて見直し、一体どれだけ社会保険の名のもと、わたしの稼ぎから引かれているのかを計算してみました。
こちらがわたしに提示された社会保険料です。

わたしのパートタイマー年収は、今年は120万円程度になる予定です。
非常に薄給です。

パートタイマーなので交通費は支給されていません。
交通費は年間約12万円かかります。
交通費を差し引くと108万円にしかなりません。

パート労働中の昼食代まで含めてみましょう。
昼食代は平均700円です。
するとこれまた年額約13万円かかります。
先ほどの収入からさらに13万円を引くと、もう95万円しか残っていません。

にもかかわらず、社会保険料は年額322,488円も差し引かれています。
パートタイマー年収の実に34%も搾取されています。
計算すると、パートタイム労働の3.2ヶ月が「タダ働き」させられているのと同じことになります。

34%の給与天引きの金額は、実に闇金の金利以上に相当します。
厳しい現実ですね。

スポンサー広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください