上々家のチャーシューが箸を入れただけでほどけるくらい柔らかくて美味しい

上々家 口コミ

スポンサー広告



今日はリゾートトラベルライターです。
明日、飛行機に乗って出かけます。
今日は羽田空港の近くに前泊しています。

ホテルは以前泊まって印象が良かった「リリーフ プレミアム」シリーズ。
ここのホテルについては、また後日にでも記事にしたいと思います。

その前に。

ホテルの近くで早めの夕食をいただいて来たのですが、これがまた思いもよらぬ旨さで感激しました!
そこで早速記事に起こしました。

Googleマップで調べて、ホテルから近いので行き当たりばったりで入ったお店。
ラーメン屋さんです。
上々家 口コミ
「横浜家系ラーメン 上々家」さんです。

横浜家系か。
まあたいがいのところはそれなりに美味しいので、変にハズレに当たったりはしないだろうね。
ということで入店。
17時台に入店し早かったのか?
お客さんが誰も居ない。。。。
やばいw
この店、大丈夫なのか?
いまさら不安になってきた。
でももう食券買っちゃったしなあ。。。
あ。
言うの遅れましたが、ここのお店は食券制です。

メニューも気合い入ってる。
基本的にはラーメン一本。
サイドメニューで餃子とかごはんがあるくらい。
このメニュー構成って、まこと家とか六角家とか千家に似てる。

ここのブログにもよく書くが、初めて入るラーメン屋では、その店の実力を把握するために基本メニューを注文するのが王道です。
そしてわたしはその王道に沿うのが好きです。
ここは初めて来るお店。
なので当然、基本メニューで行きます。
いつもならば。

ところがどういうわけか、今回は心がざわめくのです。
こんなふうに。

「チャーシューメンを食え」

って。

最近はこの不思議な直感をかなり大切にしています。
この変な直感に従うと、いいことが良く起こるんです。

なので初めての店でいきなりチャーシューメンを選んでみました。
お値段は900円。

メニューはおおまかにこんな感じ。
普通盛り、中盛り、大盛り。
そして普通のラーメンかチャーシューメンか。

これだけ。

すごいシンプルですよね。

誰も居ないし、一人客なので厨房前のカウンター席に案内されました。
元気のいいおじさんが切り盛りしてます。

席に着こうとした時に声をかけられました。

「ラーメンの食べ方でお好みはありますか?」

家系で聞かれるのはたいがいこの三つ。
面の固さ、スープの濃さ、油の量。

これも直感で即答。

「あ。じゃあ、面固めでお願いします」

「あいよー!」
って元気なお返事。

席について2分くらいでラーメンが出来上がってきました。
早い!!
二郎系とは真逆の素早さ!

そしてやってきたチャーシューメンがこれー。
上々家 口コミ
おお!
この器はやっぱり六角家系だ。

ではいただきます。

おお!
この味は!

一口食べて感じたのは、全体的な味は千家に似ている。

そして感激したのはチャーシュー。
めちゃくちゃ美味しい。

家系でこんなに美味しいチャーシューは無いですよ。
間違いなく家系の中ではチャーシューはNo.1
特に柔らかさに関しては。

それからデカい!
チャーシュー。
ベーコンくらいの幅と長さのチャーシュー。
でも厚みは4mmくらいある。
それが5~6枚もある。

チャーシューを食べ切るだけでもかなり満腹になります。
最初は空腹のあまり、中盛りにしようと思ったけど思い止まってよかった。
絶対に食べきれないところだった。

もちろん味付けも素晴らしく美味しい。

いやいや!
こりゃたまらんですなー。
美味しいです。

そうやってラーメンを貪り食べていたら、ぽつぽつとお客さんが来はじめた。
僕が食べている最中に5人くらいやってきたのですが、気になることがある。

この五人が全員、同じものを注文していたのです。
みんな常連っぽい。
注文がこなれてる。

「きゃべちゃーで」

きゃべちゃー????
なんや、それ?
しかもこんなことも言ってる。

「ひやで」
とか
「あつで」
とか。

これってあれか?
「冷」か「熱」かってあれじゃないか?
つけめんTETSUとかであるあれ。

やはりそうらしい。
きゃべちゃーがこのお店の名物だったのかー。
事前リサーチしてなかったから食べ損ねたなー。
常連が全員注文してたから、絶対旨いんだろうなあ。
いーなー。

今度機会があったらきゃべちゃー頼もう。

大鳥居駅ちかくのラーメン屋「上々家」さん、おすすめです!

スポンサー広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください