舞浜の「変なホテル」に泊まってみた。朝食編。

変なホテル

スポンサー広告



今回は舞浜の変なホテルの朝食について口コミレポートを書きます。

朝食はホテルの中にあるレストランで食べることができます。
バイキング形式のレストランです。
営業時間は6:30~9:30です。
変なホテル
朝食を予約している宿泊者は、レストラン入口の受付でチェックしてから入場します。
こちらのレストランも、変なホテルのテーマである「恐竜」とか「ジュラ紀」になっています。
変なホテル
こちらのホテルは幼児連れのファミリー層が圧倒的に多いです。
変なホテル
レストランはそんな仲良しで賑やかなご家族でいっぱいです。

料理は全て既製品とセントラルキッチンものですね。
厨房に料理人は居ないと思われます。
調理師免許証の掲示がありませんでしたからね。
包丁すら無いかもしれませんね。
変なホテル
変なホテル
変なホテル
変なホテル
変なホテル
変なホテル
朝食バイキングの中でいちばん高級なお料理は、シュウマイでしょうね。
たぶんニッスイ製のシュウマイです。

カレーライスもあります。
変なホテル
朝カレーってうれしいですよね。
おそらくスジャータ製です。

ハッシュポテトはニチレイでしょうか。

ベーコンとソーセージと恐竜型チキンナゲットは、伊藤ハム製かと思われます。

バイキング形式なので、もちろんいくらでもおかわりすることができます。
なので満腹になれるのはとてもうれしいことですね。
変なホテル
朝食バイキングは、お値段がひとり1,800円です。
これを適切価格と考えるか、割高に考えるかはあなた次第です!
ぜひ泊まってみてください。

スポンサー広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください