湯河原温泉「石葉」の露天風呂はお湯がきれいで大満足です!

湯河原温泉石葉

スポンサー広告



湯河原温泉にある老舗料亭旅館「石葉」について書いています。
先に客室と御夕食について書きました。
今回は温泉について書きます。

石葉には温泉付きの部屋もありますが、今回は風呂無しの客室に泊まりましたので浴場について書きます。
石葉の浴場は素晴らしくて、なんと24時間入ることができます。
24時間入れるところは意外と少ないので、これは非常に助かります。

また男湯と女湯は、深夜0時のタイミングで入れ替えがあります。
ですからどちらの浴場も体験できます。
大浴場と小浴場という風に分かれています。
その名のとおり、浴場の広さが異なります。

石葉の浴場は客室棟から少し離れた別棟にあります。
なので一度、屋外に出ます。
湯河原温泉石葉 湯河原温泉石葉
ここから雪駄を履いて浴場に向かいます。
湯河原温泉石葉
こちらの階段を昇ります。
湯河原温泉石葉
見えづらいですが、屋根もちゃんと付いているので安心してください。
雨の日でも行けます。
階段を昇ったら、こちらの廊下を進みます。
湯河原温泉石葉 湯河原温泉石葉
こちらが浴場の入り口です。
湯河原温泉石葉 湯河原温泉石葉
では中に入りましょう。

こちらが脱衣場ですね。
湯河原温泉石葉 湯河原温泉石葉
石葉の浴場には、なんとタオル類がそろっています。
湯河原温泉石葉
ですから客室からタオルを持って行って、それを使い回さなくても大丈夫です!
これはうれしい。
常にきれいなタオルを使えます。
そして温泉に入るごとに新しいタオルで体を拭ける。
これも結構重要なポイントです。

バスアメニティ類は通常の品揃えです。
湯河原温泉石葉 湯河原温泉石葉 湯河原温泉石葉

脱衣場の先には、なんとも見晴らしの良いお休み処もあります。
湯河原温泉石葉
真ん中にぽつんとひとつだけリクライニングチェアがあるって、なんだか風情がありますね。
湯河原温泉石葉
これは気分がいい!

今回は夏に訪れたのですが、お休み処には冷たい飲み物も用意がありました。
湯河原温泉石葉
麦茶です。

今回宿泊したときは、チェックインから深夜0時までは男湯が小浴場でした。
まずは日中の小浴場をご覧ください。
湯河原温泉石葉 湯河原温泉石葉 湯河原温泉石葉
このガラス戸の先が露天風呂です。
湯河原温泉石葉 湯河原温泉石葉 湯河原温泉石葉
石葉の露天風呂は、いままで経験してきた350件近くの高級宿の中でもトップクラスです。
何がトップクラスかって?
露天風呂のお湯のきれいさです。

よくある露天風呂のお湯は、葉っぱが浮いていたり虫の死骸が浮いていたりと、意外と汚いというか汚れていることが多いです。
多いどころか、ほとんどそんなところばかりです。

ところがこちらの石葉は、その辺を良く考えてありますね。
露天風呂でもお湯を常にきれいにしておく技を持っているのです。

それは「かけ流し」と「かけ溢し」の両方を活用しているのです。

かけ流しっていうのは利いたことあるんじゃないでしょうか?
浴場に行くと、よくライオンの口からお湯がバァーって出てるやつとか、竹の筒からお湯がバァーって出てるやつとか、ゴツゴツした岩の隙間からお湯がバァーって出るやつとかあるでしょう?
あれです。
あれが「かけ流し」ってやつです。
ずーっとお湯が出続けていますよね?

一方、かけ溢しとは、浴槽から常にお湯を溢してあふれさせておく方法です。
かけ溢しをしておけば、お湯の表面のゴミなども常に浴槽の外に押し出されていますから、常にお湯がきれいな状態を保てます。

石葉はその両方を常にやっているのです。
だから非常に汚れやすい露天風呂なのに、どこの宿よりもお湯がきれいな状態なのです。

何度も言いますが、こんなにきれいなお湯の露天風呂はありません。
NO.1と言っても過言ではないです。

石葉の露天風呂。
そんな感じで非常におすすめなのであります!
ぜひ来てみてください。

スポンサー広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください