沖縄のおすすめ貸別荘「瀬底倶楽部」に泊まって最高だった

瀬底倶楽部

スポンサー広告



久しぶりにリゾートトラベルライターっぽい記事を投稿します。
今日は沖縄にある貸別荘「瀬底倶楽部」に泊まってきたので、その口コミレポートを投稿します。

瀬底倶楽部は、沖縄県の本島から離れた小島にある貸別荘です。
瀬底島という島です。
そこは大きな橋でつながっています。

大橋を渡ってすぐのところを左折すると、瀬底倶楽部があります。
これは瀬底大橋から瀬底島を撮影した一コマ。
瀬底倶楽部
これは宿泊した翌日に散歩したときに撮影した一コマですが、瀬底大橋を撮影したもの。
瀬底倶楽部
この橋を渡って島に入ります。
それにしても海がきれいでしょう!?
チェックインした当日は、あいにくの雨だったんです。
しかも強風で豪雨。
コンディションとしては最悪です。
それでもこんなに美しい色をしているんです。
沖縄の海ってすごいですね。
美しいです。

で、その瀬底大橋を渡ってすぐを左折するとこの一軒家が出てきます。
瀬底倶楽部
家屋も大きいし敷地も広い、素晴らしい別荘ですよ。

チェックインはこの一軒家に直接クルマで乗り付けます。
やべえ。
駐車場がおうちの脇にあるのに、撮影し忘れてた。。。
この日は嵐で運転するのも疲れたから気が回ってなかったんだなあ。
まあ、そういうことで本来はおうちのすぐ脇の駐車場にクルマを停めます。
普通車一台分しかスペースありません。

クルマを停めたら、おうちに入ってください。
オーナーさんが中で待っててくれています。

今回はクルマが駐車場に来たのをオーナーさんが発見してくれたので、チェックインと荷物の搬入も手伝ってくれました。
チェックインしたらとりあえずリビングに案内してもらい、そこでお茶を出してもらいました。
たしか沖縄名産の「さんぴん茶」の温かいお茶です。
これまた疲れていて撮影し損ね。
ごめーん。

で、ここがチェックインはリビングで行います。
瀬底倶楽部
すごいでしょ!?
めっちゃ広いです!
そして天井も高い!
瀬底倶楽部はメゾネットタイプの一軒家なのです。
瀬底倶楽部
写真手前にあるのが、ソファーが収納されるオシャレテーブル&ソファーセットです。
瀬底倶楽部
その先にテーブルとソファー。
瀬底倶楽部
さらにその先にダイニングがあります。
瀬底倶楽部
これらの部屋はぶち抜きのフロアです。
たぶん40畳くらいあると思います。
床は石畳のフローリングで、今回滞在した日は少し寒かったので底冷えする感じでした。

玄関はこんな感じです。
瀬底倶楽部
ゴルフバッグとか置いてあります。
キャラウェイのゴルフクラブでしょうか?
これなんと。
瀬底倶楽部
常連さんが瀬底倶楽部に寄贈したものなのです。
これもこの宿の特徴なのですが、常連さんが「常連のみんなで使ってね」というノリで、いろいろなものを寄贈していくのです。
すごい仲間意識というか連携というか。
常連同士が顔を見合わせることはないのに、なんかみんな仲間みたいな感じ。
素敵ですね。

では他の部屋も見てみましょう。
こちらは玄関にいちばん近いベッドルーム。
瀬底倶楽部
ツインルームですね。
エアコンもあり、シーリングファンもあります。
窓が二面あり採光も充分。
瀬底倶楽部
次は真ん中のベッドルーム。
瀬底倶楽部
この日は宿泊人数が二名だとあらかじめ伝えてあったので、こちらの部屋は寝床の準備がされていませんでした。
瀬底倶楽部
ここのベッドルームも先ほどの部屋と同じ構成ですね。
ツインのベッドルーム。

ベッドルームもう一つあります。
こちら。
瀬底倶楽部
こちらもツインルーム。
ですが、あれ??
よくみたらシングルベッドを二つつなげてダブルベッドの仕様にしてありますね。
瀬底倶楽部
変幻自在で面白い!

こんな感じで、ベッドルームは三部屋もあります。
すごいですね!

二階も寝室に使うこともできます。
瀬底倶楽部
メゾネットの吹き抜けのフロアです。
瀬底倶楽部
わかりますか?
布団も6つくらい用意されています。
瀬底倶楽部
瀬底倶楽部は最大20名くらい一度に宿泊できるそうです。
合宿みたい(笑)
気の合う仲間を引き連れてみんなで泊まってみたいなー。

このメゾネットのフロアにもシーリングファンとエアコンがついています。
完璧ですね。

先ほど言った、入口すぐのところにあるオシャレテーブル&ソファーがこれです。
瀬底倶楽部
メインとなる居住スペースはこんなところでしょうか。

次はキッチンを見てみましょうか。
こちらがキッチンです。
瀬底倶楽部
デッカイでしょ!?
オープンキッチンです。

調味料なども既にかなりあります。
瀬底倶楽部
これらも常連さんの寄贈です。
自由に使って大丈夫ですし、使い切ってしまってもかまいません。
無理に買い足さなくても大丈夫です。
親切ですよね。

こちらはダイニングルームから見たキッチン。
瀬底倶楽部
奥に見えると思いますが、食器棚があります。
食器棚にも食器がたくさんあります。
なので用意してこなくても大丈夫。

瀬底倶楽部は、キッチン回りがかなり充実しています。
瀬底倶楽部 瀬底倶楽部
これに写っているのは、電子レンジ&オーブン・コーヒーメーカー・トースター・炊飯器、しかも棚の中にもうひとつ炊飯器あります。
アイスペールなどもあり、みんなで晩酌にも万全の体勢です。
グラス類もたっぷりあります。
ありがたいですね。

食器もたくさん。
瀬底倶楽部
鍋やフライパンもたっぷり。
瀬底倶楽部
調理器具もかなりたくさんあります。
瀬底倶楽部 瀬底倶楽部
土鍋もあります。
瀬底倶楽部
鍋パーティーもできる!

キッチン関係はこんな感じです。
充実しているのが伝わりましたか?
これならどんな料理も作れますね。

ちょっとリビングにもどります。
オーディオもあります。
瀬底倶楽部
このへんのCDなども常連さんの寄贈だそうです。

リビングにはホームシアターもあります。
瀬底倶楽部 瀬底倶楽部 瀬底倶楽部
立派ですよね!
今回は持参したピースボートのプロモーションDVDを流してます。
ちょうどゆっくり見ようと思っていたのでグッドタイミングです。

他の設備も見てみましょう。
こちらはシャワーブース。
瀬底倶楽部
シャンプー類も用意してあります。
シャワーはバスルームにもう一か所あります。

洗面台もあります。
瀬底倶楽部
きれいですね。

トイレもあります。
瀬底倶楽部
トイレはここのほかにあと二か所もあります。
トイレは全部で三つです。
どんだけ広いんだ!

もう一つの洗面所もご紹介します。
瀬底倶楽部
ここにもアメニティ類や洗顔フォームやせっけんなど、いろいろ揃っています。
これまた常連さんの寄贈が多いです。

中にはエルメスも寄贈されています。
瀬底倶楽部
この洗面所にもうひとつのトイレがあります。
瀬底倶楽部
さらにもうひとつトイレ。
瀬底倶楽部
洗面所とトイレの奥に洗濯機もあります。
乾燥機付き。
瀬底倶楽部
洗剤もあるので調達しなくて大丈夫。

この洗濯機の奥にバスルームがあります。
瀬底倶楽部
シャンプー類もあります。
瀬底倶楽部

ここの貸別荘は装備が本当にたくさんあってすごいんですよ。
次に紹介するのはこれ!
瀬底倶楽部
わかりますか?
瀬底倶楽部
なんと、サウナがあるんですー!
すごいですね。
施設が充実しているホテルと同じくらいサービスがすごい。

またリビングに戻って、改めて気づきました。
これわかりますか?
瀬底倶楽部 瀬底倶楽部
なんとホームバーです!
わたしはお酒が大好きなのでとても感激ました。

しかもすごいことが起こりました!
瀬底倶楽部
これは泡盛。
瀬底倶楽部
こちらは甕入りの泡盛古酒(クース)。

なんとこれら。
オーナーさんのおはからいで、無料で飲み放題にしてくれましたー(〃^∇^)o_彡☆

すごいー!!!

今日の滞在が最高なものになるのが確定したようなものです。
超嬉しい!

なんて素敵な貸別荘なんだ、瀬底倶楽部は。
常連になろう。

ここまでが家内の内容です。
この瀬底倶楽部がすごいのは屋内だけではありません。
屋外もすごいのです!
まずはリビングから見える庭をご覧ください。
瀬底倶楽部
見えますか?
プライベートプールがついているのです。
瀬底倶楽部
さらにそのプールの先に、何があるか見えますか?
瀬底倶楽部
これはバーベキューデッキです。
瀬底倶楽部
庭にはまだすごいものがありますよ。
これです。
瀬底倶楽部
ジャグジーです
高級住宅の醍醐味ですよね。

ジャグジーの横にはバーベキューコンロも見えますね。
庭先でも料理と食事を楽しむことができます。
まさに「バケーションレンタル」ですね。
瀬底倶楽部 瀬底倶楽部 瀬底倶楽部 瀬底倶楽部
メゾネット二階からベランダに出ることができます。
瀬底倶楽部
このベランダがまた広い!
たぶん20畳位はあります。

こちらはベランダからの風景。
瀬底倶楽部 瀬底倶楽部 瀬底倶楽部 瀬底倶楽部 瀬底倶楽部
野鳥も遊びに来ていました。
瀬底倶楽部
最後にビックリしたことがありました。
わたしは一泊二日の宿泊予約をして今回泊まっております。
ところがオーナーさんからこんなご提案をいただきました。

「明日は宿泊客は居ません。なのでもしよかったら明日も宿泊いただいて結構ですよ。もちろん料金はいただきません。一泊二日の料金だけで結構です。」

なんとーっ(@_@)
無料で延泊までさせてくれるのか。
こんなの330宿泊まり歩いてきましたが初めてです!!

なんて素敵なんだ。
明日の宿を手配していなかったら、間違いなく延泊した。
最高だ。
最高すぎる!

瀬底倶楽部、超おすすめです。

瀬底倶楽部は「一休.com」から予約できます。
一休.com

ぜひ泊まってみてください。

スポンサー広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください